自家焙煎 プシプシーナ珈琲

コーヒー豆の小売、卸
自家焙煎
プシプシーナ珈琲
〒760−0065
香川県高松市朝日町2−19−16
TEL・FAX087−822−7332

    アクセス&インフォ 通信販売 焙煎室 ブログ リンク お問い合わせ サイトマップ
焙煎入門:手網焙煎をやってみよう!
手網焙煎はご家庭でも簡単にできる焙煎法です。
慣れればかなり自由な焙煎度でおいしいコーヒーをつくることができます。
シンプルですが、焙煎についてぐっと理解が深まりますよ!
(私自身、手網焙煎がきっかけで焙煎のおもしろさに目覚め、本格(機械)焙煎に至ったのです。)
さあ、道具を揃えてさっそくはじめてみましょう!

〈準備するもの〉
・手網(ホームセンターなどで通常『ぎんなん煎り』として売られています。)
・家庭用カセットコンロ
・生豆(150gくらい)
・時計(経過時間を計るため)
・ざる
・軍手(煎り豆はかなり熱くなるので、必要な方はぜひ)
・うちわ(冷却用)
 
1、今回は屋外で焙煎をします。
というのも、生豆は焙煎するとチャフとよば
れる表面に付着した微塵が剥がれ落ち、かな
り周囲に飛び散ります。(室内で行う場合は
それなりのご覚悟を!)
屋外は風が強いため、キッチンガードでコン
ロを囲いましょう。

2、生豆を手網に投入し、火力を中火にして
、火にかけます。
開始時間を確認しておきましょう。

※先ほどのガードは撮影のため外してありま
す。

3、手網はコンロと平行に、前後にリズミカ
ルに振り続けます。(決してローリングさせ
たり、疲れても手を止めたりしないように。)
開始してから
10分間は生豆の水分抜きをし
ます。火から
15〜20cmの高さを保って
ください。
4、水分抜きとは、豆の水分を均一にするこ
とが目的です。
これをしっかり行うことにより、煎りムラを
防ぎ、全体的に芯まで火の通った豆を煎るこ
とができます。
これは約5分経過したところ。
豆がなんとなく白っぽくなります。
5、約6分経過したころ、豆の色がじょじょ
に黄色っぽくなり、やがて茶色を帯びはじめ
ます。
このころには、だいぶチャフが剥がれはじめ
るのを確認できるはずです。
網をふる速度をこころもち速くします。
6、約15分が経過したころ、『1ハゼ』が
起こります。これは、パチッパチッというパ
ンチのある音をたてて豆が収縮と膨張をして
いる現象です。
このハゼが起こることによって豆は大きく膨
らみます。
7、1ハゼが起こったあたりで、網の位置を
10〜15cmくらいに近づけましょう。火
力はずっと一定で、ひたすら前後に平行に振
り続けます。
8、およそ18分経過したころ、1ハゼが終
わると間もなく、今度はピチピチとやわらか
い音をたてて『
2ハゼ』が始まります。2ハ
ゼは2〜3分続きます。
これが終わるころがフルシティ・ロースト(
中深煎り)です。

9、今回はここで煎り止めます。
ざるに豆をさっとうつし、うちわで3分ほど
あおいで冷却します。
豆を割ってみて、内外の色が同じなら成功で、
2層になっていたら芯残りです。

さて、結果やいかに!?

  Copyright (C) 2006-2017pushipushicoffee. All Rights Reserved.